HOME > 4つの治療法

4つの治療法

歯がなくなった部分をそのまま放置しておけば、咬み合わせを含め、歯だけではなく顎の関節や様々な支障がでてくることがあります。そのため、歯を失ったら早めに治療することが大切です。抜けた場所の処置は主に見た目だけの問題ではなく、かめる・話ができるといった機能を回復することが目的です。 主な治療方法は4つあります。

@ブリッジ

A入れ歯

Bインプラント

C歯の移植、再植

それぞれに長所、短所がありますから、ライフスタイルにあった方法をご相談下さい。


@ブリッジによる治療

写真

固定式のしっかりとしたかぶせ物を作ることは可能です。見た目も天然の歯に近い状態になります。

しかし、抜けた部分に固定式の歯を作るためには、どうしても両隣の歯を削らなければなりません。また両隣の歯は抜けた歯の分も噛む力を負担しなければならず、手入れやメインテナンスを怠ると両隣の歯も悪くなっていきます。


A入れ歯による治療

写真

両隣の歯をまったく触らずに入れ歯が作れることもあります。他の治療方法と比較すると期間も短く、安価なことが多いです。

しかし、ご自分の歯のようにしっかり噛むことは難しく、違和感も大きくなります。見た目も不自然になるケースがあります。


B歯科用インプラントによる治療

写真

歯の根が失われた部分にもう一度人工の根を作る治療ですから、他の治療法と比較するともともとのお口の中の状態に最も近づけられる治療法です。しっかりと噛むことができ、見た目も自然に近い状態になります。また、余計に歯を削ることも少なくなります。

しかし、治療費は健康保険は適用できません。

インプラントについて詳しくは、こちらをごらんください。


C歯の移植、再植による治療

歯がなくなった場所に、噛み合わせに関係ない場所にあるご自身の歯(例えば親知らずなど)を移植したり、むし歯が大きくそのままでは抜いてしまわなければならない歯を再植する治療法です。もう一度ご自身の歯でしっかりと噛めるようになる場合も多いです。入れ歯が必要なくなったり、ブリッジを入れるために健康な歯を削る必要がなくなる場合があります。

したがって抜歯が必要な歯でも、もう一度有効利用する方法がないか十分に検討することが大切です。治療費は健康保険が適応できる場合とできない場合があります。


▲ページトップに戻る